ペン回しの世界では毎年年末のクリスマス時期に一大イベントが開催されます。
“JapEn”という動画作品が公開されるのです。

 

元々動画と共に発達し、動画と密接な関係を持つペン回し。
10~15秒程度の技の流れを1作品とし、何人もの動画を編集してつなぎ合わせて一つの動画作品とするCV(Collaboration Video)という文化があります。
“JapEn”はそんなCVの中でも日本最高峰のレベルを誇り、ペンスピナーならば誰もが一度は出演を夢見る舞台です。

 

そんな”JapEn”の文化も今年で12年目。
JapEn 12thが先日公開されました!

 

JapEn 12th Twelve Moments

JapEn 12th Little Memory

今年はTwelve MomentsとLittle Memoryというコンセプトの違う2作品が公開されるという史上初の試み。

 

ペン回しに関する知識が浅い方は動画の中で行われていることがほとんど理解できないかと思いますが、ご安心下さい私も理解できません笑
昨年までのJapEnはまだ… まだ目で追って理解できる内容だったのですが今年は本当に追いつけませんでした。特に昨年の世界王者、Menowa君の動画には毎回度肝を抜かれます。
ペン回しの可能性はまだまだ限界が見えないですね。

 

そしてCVのもう一つの醍醐味と言えば編集ですね。
TMの方は美麗なCGを駆使した躍動感ある動画に、LMの方はシンプルながら各フリースタイルを前面に押し出す動画になっていますね。
これ、プロに依頼しているとかではないんです。ペンスピナーが独自で身につけた編集技術なんですよ。

 

そして曲もある時期からJapEn用に書き下ろしてもらうのが主流になりました。今回もかっこいいですね!
何回でもリピートしてしまう…

 

ちなみに私もかつて出演したことがあります。
JapEn 10th
https://www.youtube.com/watch?v=DdgUO5lkAro

 

私はもうこういったフリースタイルの見せ方の研究はしなくなってしまいましたが、良いCVはいつ見てもぞくぞくするものです。